医療用ウィッグの作成はどこに依頼する?

医療用ウィッグを作ろうと思ったら業者に依頼する人が多いかもしれませんが、業者と言っても技術力やサービスが異なります。自分の納得する医療用ウィッグを見つけるためには、業者の選び方も大切なので選ぶときのチェックポイントについて説明します。

まず選ぶときにはサイズなどの調整をしっかりと行ってくれるかについて見ておきましょう。医療用ウィッグはサイズの調整が重要で、大きくても小さくても快適な生活を送ることができません。そのため選ぶときには試着から細かくサイズ調整をしてくれる業者を選ぶようにすると安心です。

続いての選ぶときのチェックポイントは納期です。業者によって納品の早さが異なります。中にはフルオーダーだと、一カ月程度かかるのこともあり、場合によってはそれ以上に日数がかかるところもあります。なるべく早く手に入れたいと思っている人は、短納期を実現できる業者を選ぶようにしましょう。

その他にも選ぶときのポイントとしては、アフターケアサービスが充実しているかどうかです。業者によっては納品後のサポートを行っていないところもあります。例えば、取り付けに初めのうちは苦労する人もたくさんいるので、選ぶときはなるべくアフターケアサービスがある業者を選ぶと安心です。

○関連資料○
医療用ウィッグ・医療用かつらはライツフォル/口コミで人気
購入された医療用ウィッグのメンテナンスもしています。

医療用ウィッグにはどんなタイプがある?

医療用ウィッグを作成する時にはさまざまな悩みを抱えている人がいますが、その中でも多くの方が悩んでいるものとしてウィッグのタイプがあります。大きく分けるとウィッグのタイプは3つありますが、好みのタイプを選ぶためには3つの特徴について事前に知っておくといいでしょう。そこでここでは、これから医療用ウィッグを作成しようと思っている人のためにどんなタイプがあるのかについて説明します。

まず1つ目のタイプは人毛です。これは人の髪の毛を使用して作られているウィッグですが、化学繊維を使用していないので自然です。不自然に思われることが少ないのであまり人に気付かれるということはありません。自然体を求めている人は人毛を選んでみてはいかがでしょうか。

続いて2つ目のタイプは人工毛です。これは化学繊維を使用して作られているウィッグですが、スタイルがあらかじめ決められているので、簡単に崩れたりすることはありません。また重量も軽いのが特徴なので体への負担は少ないと言われています。

次に3つ目のタイプは人毛と人工毛がブレンドされているミックス毛です。洗ってもスタイルがキープできるのが特徴で人毛と人工毛の良い部分だけを集めてできているタイプです。ミックス毛は魅力的な部分が多いので使用している人が増えてきています。

どんな方法で医療用ウィッグを作り上げる?

医療用ウィッグを作成する際にはさまざまな加工方法があります。加工方法は、好みや合う合わないがあるので特徴について知っておきましょう。ここでは、加工方法について知りたいと思っている方のためにもどんな方法があるのかについて説明します。

まず1つ目はセミオーダーです。これは、人の顔や頭に合わせて髪の毛をカットしたり、サイズを調整することができる方法です。色々と調整することができるので、自然な仕上がりを実現することができます。

続いて2つ目はフルオーダーですが、これは毛質やヘアスタイル、髪の毛の色など一から作り上げることができるので要望通りの医療用ウィッグを完成させることができます。例えば、試着をして見てなかなか自分に合うタイプが見つからないという場合にはフルオーダーについて検討すると納得の医療用ウィッグを作り上げることができるでしょう。

次に3つ目は既製品です。これは既に完成している医療用ウィッグになりますが、特徴としては自分が気に入ったスタイルを簡単に選ぶことができることです。既製品は種類も多く存在しているので、好みのスタイルで選ぶことが可能です。また既製品は納品も早いので長い期間待つ必要はありません。

脱毛をする前に医療用ウィッグを準備しよう

病気の人は、治療内容によって脱毛をしなければならないこともあります。病気での脱毛をする場合は、事前に医療用ウィッグを知っておくことで準備をするタイミングが分かる場合もあります。これから治療などが決定しているという方のために、医療用ウィッグの準備について紹介します。

医療用ウィッグを準備するタイミングとして2つあります。1つ目は、治療が決定して実際に治療を開始する前に準備をする方法です。自分の髪の毛のあるうちに準備をしたいと思っている人も多いでしょうが、こういった場合には治療が決定してからすぐに注文をするといいでしょう。その際の注意点として、現在の髪の毛が多くて長い場合には、少しキツメのサイズを選択すると実際に脱毛してからもサイズがゆるかったということを防ぐことができます。サイズは重要になるので、脱毛前に準備する場合は、特に細かくサイズ設定をしておきましょう。

2つ目は、治療をし終わった後に準備する方法です。治療後の脱毛状態は人それぞれでしょうが、脱毛してから購入する場合は、少し大きめのサイズを購入するといいでしょう。ですが、髪が抜けたことで人目が気になりなかなか外出できないこともあります。こういった点を考えると、髪の毛があるうちに購入しておいた方がベストだと考えてしまいます。ですが、インターネット通販でも購入できる場合もありますので、もし脱毛後に購入するのであればネット通販を利用するのもいいでしょう。

このように準備するタイミングはさまざまですが、後悔しないためにもどのタイミングで用意したらいのかについて知っておきましょう。